飲んだ後の締めのラーメンを食べても、ダイエットに成功することができるのか?

仕事帰り、職場の同僚と飲んだ後、どうしてもラーメンで締めるという人はいますよね。
特に中年の男性が多いかと思います。
これは、皆さんそれぞれの習慣もあるので、本来はどうこう言われたくはないと思いますが、
肥満になる原因の一つになっていることは事実です。

しかも、このラーメンで締める、つまり一日の最後にラーメンを食べることが、食生活の上でよくないということは、ほとんどの皆さんが実は気がついているのです。

身体によくないとわかっている食事のパターンを、どうしてもやめることができない…。
ここだけ聞くと、なにもラーメンに限った話ではないように感じます。ただ、そういう積み重ねが、今の皆さんの現状、つまりは体形となっているのもまた、事実です。

飲んだ後の締めのラーメンの是非については、いろいろな意見が出ています。
具体的に見てみると、まず、

  • 食べてもよい
  • 食べるべきではない

という、正反対の意見。
さらには、食べるならば、 次のようにするという案もあります。

  • 具・トッピングを全て追加注文せよ
  • 麺を減らしてもらう
  • スープはほとんど飲まない

最悪な食事を少しでも改善しようという、苦肉の策に、ただただ感心してしまいました。
本当に、いろいろな方法が存在するわけです。

ここでは、この締めのラーメンの是非を、ダイエットという観点から見ていき、私なりの考えを述べてみたいと思います。

飲んだ後の締めのラーメンを食べても、ダイエットに成功することができるのか?

なぜ、飲んだ後にラーメンを食べたくなるのか?

では最初に、どうしてアルコールを飲んだ後に、ラーメンを食べたくなるのでしょうか?

理由①アルコール摂取によるもの

アルコールが体内に入ってくると、肝臓で分解されます。この肝臓で分解する作業をする際に使われるのが、必須アミノ酸や、亜鉛、ビタミンB1などです。
実はこれらの消費された成分が、まさにラーメンの中の、豚肉・鰹節・麺などに含まれているのです。つまり、体内でなくなったものを補充しようという、生理学的にも自然な現象だと言えるわけです。
おじさん特有の話ではない、何ら不思議ではない行動だったということになります。

理由②飲んだ時の食事の影響

私は、これが一番の原因かと思うのですが、

  • 飲む時に一緒に食べているものが、少ない
  • 質の悪い物を食べている

から、その後にラーメンが欲しくなるのではないかと感じています。

いつのまにか、アルコールがメインになり、注文するツマミも続かない。
思い出した時にたのんでも、脂っこい唐揚げ・フライドポテト、塩辛いものばかりとなってしまう。
これでは、空腹感からその後にラーメンを、という流れになってしまうことでしょう。
なかなか、飲みながらしっかりと食事までするのは難しいのかとは思いますが…。

飲んだ後にラーメンを食べることのデメリット

はっきり言って、飲んだ後にラーメンを食べると良いことは何もありません。
ただ、ラーメンを食べたという事実だけです。

①更に太る

ラーメンの麺の主原料の小麦は、言うまでもなく炭水化物、糖質の塊です。血糖値を上昇させます。また、油脂類、化学調味料、塩分など体によくないものが多く含まれています。
もちろん、カロリーも相当高い食べ物です。

②体調面に影響

意外と多く含まれている塩分。
その影響で、体内では塩分濃度を一定に保とうとするため、水分を溜め込もうとします。
その結果、むくみが出たり、だるさを感じることにつながります。

③翌日に持ち越す

特に脂質によるものとして、翌日の胃もたれ、食欲不振を招くことになります。

結局、締めのラーメンを食べても良いのか?

ここまでの説明を聞いて、皆さんはどう感じられたでしょうか?

皆さんは、

ラーメン屋に入って食べる、あの雰囲気がどうにも好きだ
付き合いだから、断れない

とおっしゃっることでしょう。
しかし、私は敢えてお聞きしたいと思います。

  • そのラーメンを食べないと、眠れないくらい、悔しくなりますか?
  • 麺を減らしてまで、食べたいものですか?
  • 具を全部追加したラーメンを全部食べる自信がありますか?
  • ラーメン屋まで付き合わないと、翌日から職場で気まずくなりますか?

私の結論は、

ダイエット中という立場で、かつ中途半端な食べ方をするくらいならば、締めのラーメンに付き合うべきではない

ということです。

もう一度、冷静に現状を見てほしいのです。
この、『締めのラーメン』に代表されるような、最悪の食生活を今まで続けてきた結果が、現在のあなたの体形なのです。

あなたは、今からダイエットをして、その乱れている食生活を見直そう、改善しようと決意したのではなかったのですか?

締めのラーメンを断ったら、職場の人間関係にヒビが入りますか?
同僚とは、そんなもろい付き合いしかしてこなかったのでしょうか?

よく考えたら、簡単です。
飲み会に参加しただけで十分、義理を果たしているのです。まして、飲んだ後のラーメン屋に一人や二人居なくても、誰がとがめるというのでしょう?
あなた自身がお腹が空いてしまうならば、飲み会の最後で、何か締めの料理を食べておくようにすれば良いでしょう。

『帰ります!』

とスパッと宣言して失礼すればいいのです。
変な食べ方をしてでも付き合おうとするから、窮屈になるのです。

何も難しいことではありません。
自分の為に、締めのラーメンを捨てるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です