ファスティングは社会人のダイエットに効果的か?

最近、ファスティングが注目されています。
その要因は、著名人がこのファスティングを使ってダイエットに成功した、という芸能ネタが話題になっているからだと思われます。

合わせて『週末ファスティング』『プチ断食』などの呼び方もよく聞くようになりました。

ただ、ファスティングと聞いて、単純に断食のことだと理解している方も多いかと思います。

ここでは、ファスティングの本来の目的から始めて、その効果、ダイエットとの関わりに迫りたいと思います。

ファスティングはダイエットに効果があるか?

ファスティングとは何か?

『ファスティング』とは『断食』のことです。
当初は、ヨガなどの精神修行や病気の治療として行われてきたものです。
今ではヨガや病気治療目的ではない人にも、体調管理やストレス解消のために、半日から3日間程度でも行われるようになりました。

最近のファスティングは、以前とは異なり、
『何も食べない何も飲まない』
というものではありません。

必要な栄養をサプリメントや少量の野菜、果物で補いながら行う方法もありますが、

今人気なのは、ファスティング専用の飲料のみを使うやり方です。

この飲料方式ですと、1日に約130グラムの糖質、または約250キロカロリーのエネルギー
しか摂りません。

これにより体内の糖成分であるグリコーゲンが減ってくるため、蓄えていた体脂肪が自動的に使用されることになり、結果として痩せることになるという理論です。

①ファスティングの目的

ファスティング本来の目的は、あくまで健康な身体づくりにあります。
これまで乱れた食生活を続けてきた結果、不安定だった血糖値を、一時的に意図的に飢餓状態を作り出すことによって正常化させることができます。
これに成功すれば、低血糖状態でも上手く体脂肪をエネルギーに変換して、血糖値をコントロールすることが可能になります。

②ファスティングの効用

❶リフレッシュ効果

ファスティングの効用はさまざまですが、毒素を排泄して脂肪を燃焼し、身体の機能をリフレッシュできるのは、大きな魅力です。
普段から不摂生をしているような人には、生活を見直すよいきっかけになるとも言えます。

❷デトックス効果

ファスティングによって腸などの内臓がリフレッシュされ、デトックス機能が高まります。
血液や細胞レベルの余分なものも排泄されて、肌の調子も改善されます。

❸脂肪燃焼

ファスティングにより、体内脂肪が燃焼されます。ファスティングでの減量は、無理に痩せることではなく、体調を改善し、本来の健康な体重に近づくことです。
体重を減らすことだけが狙いではないのです。

ファスティングの問題点

①自己流でやると、リバウンドする

ファスティングを甘く考えて実行すると、取り返しのつかないことになります。それは、

リバウンドの危険性です。

勘違いしやすいのは、ファスティングが終了しても、断食した習慣・効果が持続すると考えてしまうことです。
ファスティングを実践している間に、今まで存在していた食欲が消えてしまうわけではないのです。終了後には当然ですが、食欲の波が襲ってくるのです。
我慢していた反動から、しっかり計画して実行しないと、ドカ食いすることになります。

②非常に手間がかかる方法である。

世間ではいろいろな意見がありますが、私はファスティングをやるならば、専門家にまず相談し、その指導のもと、実践するべきだと考えています。

ファスティングの実施期間はたったの数日間ですが、最初からの流れは、

❶専門家との入念なカウンセリング
❷計画の立案
❸ファスティングの事前準備期間
❹ファスティングの本番
❺クールダウン(回復期間)

と、かなりの長丁場となります。
つまり、ファスティングは全期間では、最低でも数カ月は必要となる大作業なのです。

特に終了後の❺クールダウン(回復期間)に、しっかり段階を追って元に戻していかないと、前述のようにリバウンドしていまいます。

皆さんはファスティングを簡単なものだと勘違いしていませんでしたか?

ファスティングとどう向き合っていくべきか?

結論としては、

『ファスティングはダイエット目的でやるべき
ではない』

と考えます。

上記の通り、食欲が脳内から消え去るわけではないため、終了後、反動がきてしまい、逆効果になる可能性が高いからです。

やはり、本来食べるべき物を食べずにいるということが、たとえ短期間だとしても、人間の通常の生活を破壊する、異常な状態だと思います。

ファスティングを実践する前後、つまり事前準備期間とクールダウン期間に、今までの乱れた食生活を見直す作業が行われ、それだけでもいくらかのダイエット効果が出るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です