ダイエットに効果的な朝食・朝ごはんとは?

どうしても時間に追われ、忙しい日々をお過ごしの社会人の皆さん。

朝食はしっかり摂っていますか?
毎日、朝ごはんを食べている方は、どんなものを口にしていますか?

少ない時間の中、何とか朝ごはんを食べているあなたが、いきなり

『現在の朝食・朝ごはんには問題がある』

と指摘されたら、やはり驚きますよね。

ただ、あなたもダイエット目的の朝食となると

『朝食・朝ごはんは食べるべきか、否か?』
『食べるなら、何を食べたら良いのか?』

などについて気になっていたのかと思います。

実は現在でも、この根本的な問題については諸説が入り乱れて、正解がない状況が続いているのです。

こうした背景の中、ダイエットと朝食の関わりについて、意見を述べていきたいと思います。

ダイエットに効果的な朝食・朝ごはんとは?

ダイエットに簡単に成功するには、朝食は必ず摂るべきか

 

『朝食を食べない人は太る』
『毎日3食をしっかり食べると太らない』
『朝ごはんを抜くと、昼に食べ過ぎる』

今まで、ダイエット記事の中では必ずと言っていいほど、主張され続けてきた意見です。

しかし私はこの意見に賛同できません。

『ダイエット目的では、朝食を食べるべきか否かを厳格に決めなくても良いのでは?』

というのが私の考え方です。

というのも、私自身が大学入学以降、結婚するまでの一人暮らしの間、朝食を摂ったことがなかったからです。
現在のように家族と生活していると、朝食を欠かすことはありません。ただ、それもあくまで家族と一緒に食べるから、という感じです。
つまり、『絶対に朝ごはんを食べるんだ!』
と気合いが入っているわけではないのです。

結果だけ見ると、朝食を食べても食べなくても、その間、体重に変化はありませんでした。

そこで、私の結論です。

朝ごはんを食べないのが、習慣となっているのであれば、今更、無理してまで朝食を摂らなくても良い。

私がそう思うのは、次の3つの理由からです。

【理由①】朝ごはんは軽食でも、カロリーを摂取している

あなたが朝食にどんな食材を食べても、当然ですが、カロリーを摂取することになります。更に調べてみるとら実は朝食にカロリーが高いものを食べているケースも少なくありません。
朝ごはんに高カロリー食品を食べ続けるくらいならば、食べないままの方が良いでしょう。

【理由②】朝食を摂らない習慣が定着している人に強要すると、ストレスを感じる

ダイエット目的の為に、精神的な苦痛を強いてまで、朝食を摂る必要はないと考えます。
それが原因でストレスが溜まってしまっては、本末転倒ではないでしょうか。
毎日の始まりである朝を、憂うつな気持ちで迎えたい人など、どこにもいませんよね。

【理由③】朝食を食べない人は、昼食を食べ過ぎることはあまりない

前述の有名な意見に登場した話です。
朝ごはんを食べないと、その分を昼に暴食するということが、実際あり得るのでしょうか。
朝食を摂らなかったからといって、昼に2人分の食事を平らげるなど、現実離れしています。朝食を食べないというサイクルで、しっかりと生活している人ならば、昼食も毎日、同じペース・量を食べているはずです。

朝ごはんを抜くと昼食で食べ過ぎてしまう傾向があるというのならば、そんな方こそが朝食を摂るべきだと思います。

基本的に、現在の生活スタイルはなるべく変えることなく、ダイエットに関連する最低限の部分にだけ手を加えていくのが、ダイエットの成功の秘訣です。

朝食を摂ることにより、朝から脳が動き出し、身体全体が活性化するとの意見は多いです。

しかし、私は、

『朝食を摂ることの最大のメリットは、規則正しい生活を送る第一歩になること』

だと思います。
つまり、

 

『既に規則正しい生活を送っているのならば、無理して今から朝食を摂る必要はない』

 

と考えます。

ダイエットには朝食・朝ごはんは何を食べたら良いのか?

 

では毎朝、時間のない社会人のあなたは、朝ごはんに何を食べるべきなのでしょうか?

理想の朝食は、『温泉宿の朝ごはん』です。

バイキング形式でたくさんの和食料理が並ぶ、あの雰囲気です。

焼き魚、卵、納豆、豆類、豆腐、海苔、佃煮、みそ汁、白米、玄米などなど。
特に納豆、卵は欠かせない食材です。

うちは、温泉宿ではないぞ!
そんなに料理並べることなどできるわけない!

おっしゃる通りですね。
実際には、こんなにたくさんの料理を毎日揃えることは不可能です。ただ、これらの食材を意識して朝食を摂ることを心がけていただきたいのです。

これらの和食の食材をススメる理由は、血糖値を上げることなく代謝を高めるような、タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富だからです。

和食ばかりの紹介となってしまいましたが、洋食、つまりパン食メニューはオススメできません。
それは、我々の身体によくない成分が含まれ、高カロリーの食材が多いからです。

例えば、最近ではマーガリンが問題になっているのは、誰でもご存知のことでしょう。
ハム・ソーセージ・ベーコンは、添加物を使用し、元の素材の姿がわからない、典型的な加工食品です。
グラノーラ・コーンフレークは、一緒に入っている砂糖・乾燥フルーツ等が、想像以上にカロリーを押し上げてしまいます。
野菜サラダも、濃厚なオイルを使ったドレッシングをかけることにより、新鮮ながら高カロリー料理へと変貌するのです。

メインのパンですが、バターを塗ったトーストは糖質が多い食材の代表例です。寝ている間、栄養面で補助がなかった体に、いきなり糖質を摂ると急激な血糖値の上昇を招いてしまうのです。これでは、ダイエットをするどころか、体重は増す一方です。

まとめ

私の朝食に対する結論としては、

⑴ダイエット目的ならば、朝食・朝ごはんは摂っても摂らなくてもよい。                   

⑵朝食・朝ごはんを食べるのならば、和食の料理でタンパク質が豊富なもの。

ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です