社会人のダイエットに効果的なお酒・アルコールの飲み方とは?

毎日が忙しい社会人の皆さん。
皆さんは、普段、お酒を飲みますか?
ふと、何かの拍子にアルコールを飲みたくなる時って、ありますよね?

例えば、
疲れた仕事帰りに、日中あった嫌なことを忘れたいような時。
職場の上司にどうしても不満がある時。

パァーッと飲んで忘れたいこと、ないですか?

しかし、今、皆さんはダイエットを始めようとしているところです。そんな皆さんはきっと、

『ダイエットではお酒を飲んでもよいのか?』

という、率直な疑問がまず頭に浮かんだことでしょう。

では、この質問の答えを探っていきながら、ダイエットとアルコールの関係を見ていくことにしましょう。

ダイエットでは、アルコールはやめるべきか?

ダイエットに適したお酒と避けるべきお酒の区別をする

ダイエットで、アルコール類は一切やめるべきなのか、という議論は以前から尽きません。

私自身は、かなり前からお酒を口にしない生活を続けています。と言っても、元々、アルコールは苦手だったため、ある時からお酒を飲まないように公言・実行しただけのことです。

お酒好きな人からすると、ダイエットの為に断酒するならば、相当な苦痛となるでしょう。

でも、ご安心ください。
ダイエットであろうと、飲んでも大丈夫なアルコール類があるのです。
反対に飲むべきではない、避けなければならないお酒もあります。

この2つをしっかり見極めて、ダイエットでもお酒と付き合っていけば良いのです。

では、アルコールを2つのグループに分けてみましょう。

①ダイエットで飲んでも良いアルコール類

 

ダイエットでも口にしても大丈夫なお酒は、
いわゆる『蒸留酒』です。

具体的には、

  • 焼酎
  • ブランデー
  • ウォッカ
  • ジン

などです。

では、なぜこれらのアルコールだけは、ダイエットでも飲んでも構わないのでしょうか。

それは、蒸留酒は醸造酒を更に加熱して作ったお酒であるため、糖質ゼロだからなのです。
糖質が入っていないため、これらのアルコールを口にしても、血糖値が上がることはなく、インスリンという肥満のホルモンが分泌されることはありません。

ところで、
『ブランデーやウォッカなどは強いお酒だから、ダイエットに良くないのでは』
という意見があります。

肝臓は、純度の高いアルコールほど効率的に分解処理を行います。つまり、強くても質の高いお酒ならば、悪酔いしないということです。

しかし、ご注意いただきたい事があります。
まず、 『蒸留酒ならば、どれだけたくさん飲んでも構わない』
と勘違いしないことです。

蒸留酒でも、アルコールなのですから、カロリーが低いとはいえ、ゼロではありません。

また、何かで割って飲む場合、その混ぜるものによって、悪い飲み物になってしまうということです。
例えば、甘いリキュール等で割ってしまったら、蒸留酒を選んだメリットがなくなってしまうのは、ご理解いただけると思います。

改めて注意いただきたいのは、『肝臓に負担をかけることには変わりない』という点です。

アルコール成分を体内に取り込めば、それを分解する役割を果たす肝臓が活躍します。

肝臓がはたらく際には、ビタミンやミネラルなどを使います。蒸留酒とはいえ、適量を超えた飲み方をすれば肝臓を疲弊させるのは、想像がつくかと思います。

つまり、

『蒸留酒は飲んでも良いが、ほどほどに』

ということです。

②ダイエットで避けるべきアルコール

では、ダイエットにおいて、飲むべきではないお酒は何でしょうか?

ダイエットのために、避けたいアルコールは

  • 醸造酒(日本酒、ビール、ワイン等)
  • 果実酒
  • サワー、チューハイ
  • カクテル、リキュール

などです。
では、これらのアルコール類は、なぜダイエットには適していないのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、これらには糖質が含まれていて、血糖値を上昇させるからです。
つまり、太りやすい体質になってしまうということです。

ダイエットではお酒の飲み方を工夫する

『お酒を飲むと太ってしまう』
と以前から、一般論としてよく言われます。

私は、

『お酒を飲むと太る』のではなく

『お酒を飲む時に一緒に食べるつまみで太る』

 

が正しいと考えています。

まずは、ダイエットという側面からみた場合、
『アルコールと共に食べても良いつまみ』
『飲む時には避けたいつまみ』

の2つがあることを、まずは認識していただきたいと思います。

では、それぞれについて見ていくことにしましょう。

①アルコールと共に食べても良いつまみ

酒の席のつまみとして、オススメするのは

  • 刺身
  • 貝類
  • 海藻類(ワカメなどの酢の物)
  • 焼き鳥(特にレバー)

などです。

これらの食材を推す理由は、まさしくタンパク質を多く含んでいるためです。

タンパク質を重んじるのは、アルコールを肝臓で分解する酵素が、タンパク質から生成されるからなのです。
お酒を飲んで、肝臓に働いてもらうためには、タンパク質の補強はどうしても欠かせません。

魚介類、海藻類にはビタミンB・C、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが多く含まれており、
やはり肝臓でアルコールを分解する働きを促します。

焼き鳥は、揚げ物の代替品という位置付けでリストアップしました。
中でも、断然、レバーがオススメです。

レバーはタンパク質だけでなく、免疫機能・視覚機能向上の効果等のあるビタミンAや鉄分も豊富です。
その外見と食感から好き嫌いが激しい食材ですが、このようなメリットは他にはないことを覚えていただいと思います。

②飲む時には避けたいつまみ

アルコールを口にする場で、最も避けるべきなのが、『揚げ物』です。

ご存知の通り、揚げ物はその衣がまさに、糖質のかたまりです。
また、揚げ物を食べると、余計にアルコールを飲みたくなるという、悪い流れに入っていくことになってしまいます。

飲み会の時に、揚げ物は視界に入れないようにするしかありません。その瞬間だけ、メニューにはないものとして、頭の外に置いてしまいましょう。

実は、アルコールを飲んでいる時は、普段よりも脂質を吸収しやすい状態になります。

ここから、2つ言えることがあります。

アルコールを飲んでいる時は
①同時に糖質を摂るのは危険
②タンパク質を摂るには最高の状態

ということです。

この機会を生かして、オメガ3の良い油を含む魚介類を積極的に食べて、不足しがちなタンパク質を補給すれば良いのです。

ダイエットには、到底、適さない環境の飲み会という場を、タンパク質を摂るチャンスに変えることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です